木造住宅・鉄筋コンクリート

建物の材料と家の強度の関係

今回は地震に強い建物を建てる方法の一つのやり方を説明したいと思います。

地震に強い建物を建てる方法はいくつかあるんですけれども、建物の材料を適切に使うことで建物の強度を高めることができてその結果地震に強い家を作ることができます。

人類は昔からそれぞれの土地の気候とか天候とか風土にあった材料を使って建物を建ててきました。5代の人の長年の歴史に渡る知恵と知識が様々な土地で役立って受け継がれて快適で壊れにくい家が建てられてきたのです。

日本では、高温多湿の気候が特徴ですので、ほとんどの家が木造住宅です。気は加工がしやすく、軽く、強く、断熱性や遮音性に優れているという多くのメリットがあります。

また断熱性が高いために結露がしにくいというメリットがあるため、木材が腐食しにくく耐久性が高いという特徴もあります。

しかし他方で、火が付くと一気に燃え広がるという、可燃性のある素材であるため、火災の対策が不可欠な素材です。

そのために日本では用途地域などが定められていて、防火地域では耐火構造を備えた建物仕方てることができないなど、様々な法整備により火災が広がらないように防止されています。

木造住宅はシロアリの被害による土台などの腐朽の被害に遭いやすく、特に日本の高温多湿の気候では基礎をしっかり作らなければ家の強度は著しく弱くなります。

木材は 木の繊維方向に対する力に対しては強い力を発揮します。そのため木のことを知り尽くした職人の腕の良し悪しにより家の強度が大きく変わってくるという特徴もあります。

木造住宅では実際に家を建てる職人さんや大工さんの技術に家の良し悪しが左右されるので、大手のハウスメーカーでは品質のばらつきを治めるために、大工さんや職人さんの腕に左右されないような建築工法を採用していることが多いです。

例えばその典型的な建築工法として三井ホームなどが強みにしているツーバイフォー工法があります。

日本とは反対に雨の少ない乾燥地帯では、土や石が主要な建築材料として使われています。石は機に比べて強度が非常に高いという特徴がありますが、重く、硬いため加工が難しく使い勝手が悪いというデメリットがあります。

要するに地震に強い家を建てるということに関して言えば、どれか一つの正解というものがあるわけではなく、気候や天気に、合わせた最適な材料を使って家を建てるということが大事なのです。

間取りと明確な住居イメージ

我が家の新築計画は、父が設計士ということもありトントン拍子で計画が進んでいったのは有り難かった事だったのですが、、、

まず最初に言われたことが「間取りを考えなさい」と言われ夫婦で悩みに悩んでなんとか形にまでなりました。

そこでホッとしてしまったようで自分たちは、「その家に自分たちが住んでいるイメージ」がまったくできていなくて、ほとんど父や工務店さん任せにしてしまったのです。

そして無事竣工!で引っ越し!してから思うことは、自分たちの新築計画前から欲しかったソファがなんとなく収まりが悪い事やテーブルの向きが定まらない事、なんとなく窓が大き過ぎ、など少しずつこんなハズじゃなかった、、、と思う部分が出てきた事です。

せっかく注文住宅で新築を建てるなら、自分たち家族がゆったりできる生活空間のイメージも必要だと思います。

新築で建てるとしても、リノベーションの雑誌なども参考にして自分たちがそこにいてホッとできる嬉しくなる楽しくなる空間を作るには間取りだけじゃなく、立体的に家具や建具、窓の配置をイメージするのも大事だな、と思いました。

しかし、住めば都?今はその空間に合わせて家具を揃えて、気に入らなければ模様替えをして、の繰り返しを楽しむことにしています(笑